未来の自分へ。ブログの読者は他の違う分野に興味を持つと今まで読んでたブログを読まなくなるよ。

僕自身、ブロガーであると同時に他の誰かしらのブログの一読者です。

その読んでいたブログは毎日更新されているブログで、そのブログを読むことが一種の習慣となっていました。

このブログを運営している時点で、情報の発信者側にいるのですが、気持ちとしては情報を受け取るのみ側(読み手)の気持ちも残っています。

その上で最近起こった心境の変化について書いておきたい。

というのも先日急に今まで読んでいたブログを一時的に読まなくなったことがありました。

その時どんな心境の変化があったのかを書き残したいと思います。

習慣的に読むブログは書いてる人が好きだから。

ブログを読んでいる自分の行動を分析するとブログの読者は大きくわけて3種類に分けることができます。

  • ブログの執筆者が好きで読む(毎日習慣して読む)
  • 好きな執筆者がリンクを張ってオススメしている(最近はどんなことを書いているんだろと思ってたまにブログを覗く)
  • 知りたい事をネットでクグっているウチにたまたまそのブログに行き着く(一度っきりorその分野の記事しか見ない)

上の3つに共通して言えることは、自分がその分野に”興味”があるからです。

具体的な例をあげると、僕は写真・ブログ論・Apple関連(パソコン周辺機器情報含む)に興味があります。

その上で毎日チェックしているブログは

最後ユーチューバーやん!ってツッコミはおいといて。ビデオブロガーとして。

上記の4名は僕が興味を持っている分野においてとても有益な情報を発信されている方々です。

ブログ読者は興味のある分野についておもしろい記事を書いていると過去記事まで読んで執筆者のことを知ろうとする

すこし話は脱線しますが、読者は興味のある分野についておもしろい記事や有益な情報を発信してるブログに興味を持つと、次は作者に興味をもちます。そしたらその作者はがどんな人なのかを知りたくなります。

プロフィールはもちろんのこと、過去記事まで読み漁ります。

当然、僕も上記の4名の膨大な量の過去記事を読みあさるくらいファンになっています。

ですが、1週間ほどこの4名のブログを全く訪問しない時期がことがありました。

べつに上記の4名がキライになったとかそういう話ではありません。

ほかのちがう分野に強烈に興味がそれてしまったのです。

僕にとってその分野の知識はすぐにでも取り込みたかったものなので、1週間のあいだ書籍を始め関連するブログ記事もできる限り読みあさっていました。

別に仕事だから一生懸命に調べたというわけじゃなく、遊びでその分野に興味を持ってしました。

まぁ1週間後にはまた何事もなかったかのように上記のブログを訪れるになったんですけどね。

当たり前ですが、上記の4名はブログ歴も長いので、作風をころころ変えられるような方々ではありません。

再び戻ってきた僕の気持ちとしては興味のある分野について変わらずに発信し続けてくれている”ありがとう”といった具合です。

僕一人が一時的にブログに訪問しなくなったところでほとんどPVに影響などないでしょうがね。

でも戻る場所がるというのはうれしいものです。

最後になんでこんなこと書いたかって??

今後もブログ執筆活動を続けていっていきなり読者数が落ちても「あ〜、一時的に読者が僕のブログに興味をなくしたんだな」って思い出せるでしょ?

多少の数字の変動でいちいち自分の書くことを変えるなと未来の自分に言いたかったのです。

ブログの読者の心も日々写り変わっていくものなのですね〜

スポンサーリンク

よく読んでいただいている記事3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。