水曜日のカンパネラのコムアイさんに学ぶアーティストとは

参考:水曜日のカンパネラ〜サラリーマンにおすすめしたい一曲〜

いぜん書いた記事からあいかわらず好きで水曜日のカンパネラを聞きつづけています。
最近は曲を聴くだけじゃ飽き足らずYOUTUBEでインタビュー動画まであさるようになっちゃいました。

その中でひとつ気になることをコムアイさんがこちらの動画で喋っていたんですよ。

コムアイさんインタビュー動画”音女塾”〜YouTube〜(リンク削除されております)

要約すると

コムアイさんが以前に渋谷で路上ライブをしたことがありました。

そのときの路上ライブがマネージャーにスピーカーを持ってもらって渋谷を移動しながら歌うというものでした。

それについてコムアイさんが「路上ライブは止まって行うというありきたりなイメージにハマりたくなかった」

「普通にやるととたんにやる気がなくなって、じゃあ世の中に出す必要がないじゃないか」

「世の中たくさん音楽があるんだから、新しいアーティストとかでなくていいじゃんという心があって。その気持ちを忘れないでやっていきたい。」

「みんなアジカンでいいじゃん。興味のない人ほど、なんでも同じに聞こえちゃうから

「でもその気持ちってすごく大事だと思っていて、その人(音楽に興味のない人)にまでうったえないと絶対に売れないんだなと思ってガンバっています

いや〜ぼくにとってこれらの言葉がたいへん心に突きささったんですよ(汗)

ぼくも”ブロガー・写真を撮る者”という立場にしても誰かほかの人を追いつづけていているだけではいけないんですよ。

極論いうと美瑛の青い池しかり、丘の風景の写真といい”だれかと同じような写真””誰かと同じようなブログ”ならぼくがやる必要もないんですよ。

なので、どこかで「”Yano”の写真だよね」って言ってもらえるようなクセ(ここではあえて”クセ”と表現します)を出せるようになりたいんです。

コムアイさんのMステでのパフォーマンス

それで話はもどって。
先日のMステで水曜日のカンパネラが初出演しました。

コムアイさんの出番はマダかとテレビの前で正座待機でした。

この日のMステで披露される曲が、”桃太郎” と”ラー”という曲だったのでした。
その中の”桃太郎”という曲で

ミュージックステーションに出演した水曜日のカンパネラのコムアイさん

まさかの紙芝居の演出。

ミュージックステーションに出演した水曜日のカンパネラのコムアイさん

曲がはじまるまでは、何度も色んな場所で披露されている”桃太郎”をMステではどんなパフォーマンスを見せてくれるのかワクワクしてました。
そして見事に視聴者の想像をこえてきましたね。

ミュージックステーションに出演した水曜日のカンパネラのコムアイさん

これまでMステにかぎらず歌番組で様々なアーティストが出演してきました。

そのアーティストの多くはスタンドマイクに向かってギターを弾きながら歌っていたり。
ボーカルをセンターに一歩下がってギター、その後ろにドラムといったバンドフォーメーションだったり。
ピンマイクをつけて踊りながら歌うアイドルといったのが僕の知るかぎりの歌番組の主流の見せ方でした。

でも、コムアイさんは見事に歌番組ならコレっていうイメージにハマらなかったですね。
ぼくも見習わなければ。

スポンサーリンク

ミュージックステーションに出演した水曜日のカンパネラのコムアイさん

よく読んでいただいている記事3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。