【携帯性バツグン】汚れてしまったカメラのレンズをキレイにできる神アイテム

外でカメラを使っていると、ついついレンズを汚れてしまうことがあります

レンズキャップをつけずにレンズをむき出しにして外を歩いていると、いつの間にかホコリがついてしまっていたり

子供を撮っていると手でベタベタさわられて指紋をつけられていたり、ツバがついてしまっていたりと

レンズが汚れてしまうシーンはたくさんあります

かくいう僕もレンズキャップをつけていない時にレンズキャップをしていないものと思い込んで、ついレンズを指でさわってレンズを汚してしまうことがあります

汚れたカメラのレンズ

とうぜんキレイな写真を撮影するのにレンズをキレイにしておく必要があります

カメラのレンズのメンテナンスアイテム

レンズをキレイにするアイテムも色々種類があって

自宅でゆっくり時間があってしっかりレンズの汚れを取りたいときは

FUJIFILMのレンズクリーニングリキッドとレンズクリーニングペーパーを使ってます

FUJIFILMのレンズクリーニングリキッドとレンズクリーニングペーパー

この二つを使えばビシッ!!っとキレイになるのですが

少し手間がかかってしまうのがネックで外での撮影や撮影中についた汚れを取るのには時間がかかってしまいます

なのでこのリキッドとペーパーは撮影前日や撮影後にしっかりメンテナンスしたいときに使います

外での撮影や撮影中に手軽にレンズをキレイにできるアイテム

外での撮影でレンズによくついてしまうホコリなのですが

これはブロアーの風で簡単に飛ばすことができます

たいていはブロアーでなんとかなるのですが、ブロアーはどうしても容積があるのでカバンの場所をとってしまいます

とくに僕の使っているブロアーは容量がLサイズの大きいものなので、よけいに大きいです

ブロアー

なので登山のようにできるだけ持ち物を減らしたいときには不向きです。

ですが、登山ではホコリやゴミがとくにつきやすいです

レンズをキレイにする道具をなにも持って行かないわけにはいけません

そこで携帯性もバツグンで撮影の合間にもサッっとレンズをキレイにできるレンズペンの登場です

レンズペン

ホコリも指紋もコレひとつでキレイにとれる

レンズペンの使い方はとても簡単です

ペンの片側が収納式のブラシになっているので、このブラシでホコリや大きいゴミを取ります

レンズペンのブラシでゴミを取る

つぎに指紋や水滴が乾いた後の汚れはレンズペンのもう片方にあるクリーニングチップを使います

レンズペンのクリーニングチップ

クリーニングチップをレンズに軽くあてて円を描くように軽くなでます

レンズペンでレンズをクリーニング

すると指紋の汚れもビシッ!っと取れました

レンズペンでのクリーニング完了

ガンコな指紋の汚れもくり返しクリーニングチップでなでることで取ることができました

このレンズペンなら登山のリュックサックの中に入れてもジャマにならないので、カメラを持ち歩く際には常にカバンの中に入れています

おひとつ持っておくとべんりです

注意点としてレンズペンは濡れた部分には使えないので、水滴の汚れは乾くまで待つ必要があります

レンズペンには複数の種類が販売されていて、レンズフィルター用ペン・コンパクトレンズ用ペンとそれぞれ適材適所にあったペンがあります

カメラのレンズはとても繊細なものなのでお間違いないようお気をつけください

スポンサーリンク

レンズクリーニング終了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読んでいただいている記事3選