美瑛の青い池2015年まとめ

僕が一眼レフで写真を撮り始めたのが今年の4月からです。
年末に写真の整理をしてみると、ちょうど青い池の各季節の写真が撮れていたのでまとめたいと思います。

題して、”青い池2015まとめ”!!イェーーーイ!!

それではどうぞ(笑)

4月はじめて撮りにいった青い池。

山の方はまだ雪が残っている4月。

美瑛岳

実を言うと初めて写真を撮りに行ったのが青い池であり、青い池自体に行くのもこの時が初めてだったんです。

ここから僕が青い池にハマるようになったんです。

春の青い池

と言っても初めの頃は目の前にある風景に対してどういう風に撮ったら良いかなんて全然わからず。
なんというか目の前の風景がキレイだな〜なんて思いつつ、シャッターを切るのが好きだったんです。

一枚一枚”カシャ””カシャ”ってシャッターを切るときに手に伝わる感触がとても心地よくて、いい絵にしようなんて考えは二の次でした。(笑)

春の青い池 春の青い池

シャッターを切るたびに池の青さの代わり具合に一喜一憂してました。(笑)

青茂る夏

この辺りから撮った写真のデータを見てみると撮影時間がAM8:00となっている。
たぶん美瑛の写真家Kent Shiraishiさんの影響をうけてだろう。

参考:三脚を使わないで撮れるように訓練する!

この時期から僕の朝活が始まった。

そして三脚を使わないようにしたのもこの時から。
夏の青い池

休みの日があれば足繁く青い池に通うようになりました。

夏の青い池

撮影日は変わって8月の写真。撮影データを見ていると撮影時刻が5:50になっている…

どんだけ早いんだよ…(笑)

というのも、早朝は青い池が神秘的に見えるとKentさんが自身のブログで紹介されていました。

僕自身も単純なので、それを聞きいてはすぐさま実行!

以来、朝活までもどっぷりハマっているわけです(笑)

また、”早朝”って僕自身にも特別な意識があって、街中でも自然の中でも”早朝”ってとても非日常に感じませんか??

そのいつも撮っている日常の風景を非日常の中、撮ってみると「お!今日の写真なんか違う」となる訳です。

夏の青い池

Kentさんのように人の心を魅了するような写真を撮ってみたいと思ってトコトン真似てみた一枚。(トリミングのみ)

ちなみにここまでミーハーみたいにKentさんのことを書いているけど、実際にお会いしたことは一度もないです。(笑)

突如、色変わりする青い池〜秋〜

9月以降から青い池周辺の景色の色合いと共に青い池の水の色が突如変化したのです。

秋の青い池

青い池ならぬ”緑”の池になりましたね。まぁ、昔の人は緑のことを青と呼んでいたのでアリでしょう(笑)

なぜ青い池が緑色に見えたのかは

青い池付近の湧水には水酸化アルミニウムなど、主に白色系の微粒子が含まれており、美瑛川本流の水と混ざることによって分散され一種のコロイドが生成される。水中に差し込んだ太陽光がコロイドの粒子と衝突散乱して水の吸収による青色の透過光が加わり、美しい青色に見えると言われている。引用元:wikipedia〜青い池〜より

以前に僕のブログでも使わせていただいた引用ですが、池の水の色が緑になったのは僕が見てきた中では秋だけでした。
秋になり太陽の日の光の角度が変わったからか、秋に雨が多かったからか、池が青く見えること自体が自然現象なので実際にこの謎ははまだ解明されていないみたいです。

そういった所も神秘的ですね。

秋の青い池

光のあたり方が変わるとまるでクリームソーダのような色合いに…

参考:美瑛町の滝を撮る!

紅葉と青い池

秋の青い池

写真のフォルダを整理していて紅葉と青い池の写真だけ数が少ないな〜思っていたら、ちょうどこの時期カメラをメーカーのメンテナンスに出していたんですよ。
なので青い池と紅葉を撮りに行ったのもこの日くらいしかなく。書くエピソードというかネタがない(笑)

参考:カメラが戻ってきたので青い池で撮影。

そして初冬〜初雪とライトアップ

冬の訪れはいがいと早く11月にはもう青い池の水の表面が凍ってました。

冬の青い池

そして冬が訪れてこれまで緑色だった池がまた青に戻りました。

冬の青い池

そしていよいよライトアップ

ライトアップされた青い池

僕が今年、楽しみにしていたイベントのひとつが青い池のライトアップ

ライトアップされた青い池

青い池”漆黒” Blue Pond ”Shikkoku” Biei in Hokkaido

中でもこの漆黒の写真の景色を見たときは特に圧巻だった。

街灯もなにもない真っ暗な大自然の中、池の木にだけ白色のライトが照らされて反射した光が水面も映し出される。運が良かったことに風もなかったので水面が揺れることなく、暗闇のなかで木だけが目の前に広がって見えるのが正に圧巻だった。

今年一番撮れて嬉しかった写真も間違いなくこの漆黒の写真でした。

参考:壮大な青い池ライトアップ!!待ちに待ってました。

さいごに初雪

冬の青い池

吹雪の青い池もとても絵になる。大自然の冬のきびしさもこの時あらためて知った。(笑)

さぁ、これからも青い池を追いかけるよ〜〜〜〜!

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

僕にとって青い池は写真を撮り始めるきっかけになる場所でした。
4月から写真を撮り始めたので、まだ一年通ったとは言えないのですが、これだけ撮り続けていても毎回違った表情をみせてくれる青い池はホンッッットに飽きることがない。
2016年もまだまだ青い池を撮り続けます!!

ではみなさん良いお年を!!

スポンサーリンク

夏の青い池

2 件のコメント

  • ブログ側でも新年あけましておめでとうです!

    同じポイントを一年間通して撮ると四季の変化を収めてられて面白いですね!

    同一の場所をずっと撮った事はないのでこういう「写真はこういう楽しみ方もあるんだ!」とふとした発見ができました。

    • ヤマヒロさん>

      あけましておめでとうございます!(*^o^*)

      ブログでもご挨拶いただきありがとうございます。

      僕自身、”青い池に行って写真を撮る”という事じたいが好きなので、今回はたまたま好きが高じた形になったように思います(^_^)

      今年もお互い好きなものを撮ってブログを運営していきましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    よく読んでいただいている記事3選