雪がなかなか降らない今年の北海道。

今年の雪の遅さは128年ぶりという記録もつくってしまったみたいですね。

かくいう僕も、10月の後半から「雪はまだかな〜〜??」なんて天気予報を見ながらソワソワしていたのですが、11月17日にようやく青い池でも初雪がふりました。

白金に入ってから別世界!?

前日の夜に雨が降っていて、早朝の気温がマイナス1℃となっていたので「もしかしたら!?」と思って青い池に向かってクルマを走らせました。すると青い池のある白金地区に入ったあたりから、あたりが白銀の雪景色に変わってきました。

あきらかに季節感の違いがあって、僕の興奮状態はMAXです(笑)

青い池へは一本道をクルマで走るわけですが、途中で急なカーブが何本かあります。

例年、スリップして道路外に出てしまっているクルマを見かけますので、注意しながら慎重に運転します(笑)

青と白の美しい青い池

青い池に到着すると山は雪で覆われていて水面は凍っていない理想な状態でした。

昨年の青い池の初雪の時は多くの観光客・カメラマンが訪れていたのですが、今年は冬の前触れがなかったからか、5人くらいしかいませんでした。

この贅沢な情景を好きな場所で撮り放題でしたので、場所やセッティングを変えながら撮影していました。

すると雲の切れ間から太陽が顔をのぞかせました。

黄金色の朝日が、奥の山や木々を照らして雪の白と影の青さがキレイでした。

2018年に撮影した初雪の青い池
2018年11月17日に撮影。
“The Blue fast Snow~sunlight~”

太陽が出ていたのは時間にして1分もあるかないか。

光がキレイにあたっていた構図はこの一枚だけでしたが、最高の一分間でした!!