早朝の美瑛も大好きですが、仕事の都合もあるので夕方に写真を撮影しに行くことが多いです。

ぼくは平日によく行くのですが、わずかな時間のために行く理由があります。
それは夕日と共にゆっくり沈んでいく時間がとても心地よいからです。
美瑛は沈む夕日がキレイなスポットが多いので、地元民がオススメする夕日のスポットをご紹介します。

クリスマスツリーの木

初夏のクリスマスツリーの木の夕日

写真のスポットとしても有名なクリスマスツリーの木です。
クリスマスツリーの木には平日でも訪れる人は多いです。
この写真を撮った人でも5〜6人はいました。

ひとりの時間を楽しみたいという方は不向きかもしれませんが、一本の木と共にゆっくりと夕日が落ちていくのを見ているのは贅沢な時間です。

2019年の春にはクリスマスツリーの木の電柱が移設されました。
今までは記念に写真を撮るのにも電線が入らないようにするために、撮影する範囲が限られていました。
移設のおかげで広い範囲で撮影ができるようになりました。
クリスマスツリーの木は撮る位置によって大きく構図が変わるので、自分が好きな構図を探す楽しみもできました。

クリスマスツリーの木の夕日、タテ写真

マイルドセブンの丘の奥

いがいと思われるかもしれませんが、マイルドセブンの丘にある道をさらに進んだ先にある場所もオススメです!!

マイルドセブンの丘 道
この道を進んでいきます。

道の先はクネクネと曲がっているのですが、途中からひらけた場所にでます。周りの丘を見おろすことができて、とても見晴らしがよりです。

マイルドセブンの丘の奥の道の夕日

その右手側には背の高いポプラの木もポイントになっていて、静かに夕日が落ちていきます。

ちなみにマイルドセブンの丘の並木は2018年の春に、樹齢と安全上の理由から伐採されてしまいましたが、残りの木だけでもマナーよく見守っていきたいところです。

マイルドセブンの丘 並木

親子の木

親子の木の夕日

観光地としては有名な親子の木ですが、夕方のスポットとしてはあまり認知されていない感じがします。

この写真を撮ったときも、日が落ちるのを待っていたのは僕だけで、たまたま通りがかった観光客がクルマを止めるくらいでした。

美瑛のなかでも旭川よりに位置しているので、夜は旭川に戻るという方も寄り道しやすいのでオススメです。

おわりに

いかがでようか??
美瑛は日中、晴れていたら高い率で夕日もキレイです!!
観光が終わって宿に戻る前に、時間があればぜひ見ていってください。