【1周約7時間】旭岳の周遊コースから見る紅葉は見ごたえアリ!!

昨年にひきつづき今年も旭岳の紅葉を見に登山に行ってきました

関連記事:紅葉を求めて旭岳へ登山。寒さにはマジで注意!!

昨年書いた記事を見直してみると、とても鮮やかな紅葉で、しかも晴れていたんですよね〜

あと、とても寒かったんだっけ??

それで今年はというとあいにくの曇り

気温は14℃とロープウェイから降りるととても寒いです。早朝はもっと寒かったかもしれませんね

旭岳ロープウェイ乗り場からの紅葉の写真

写真はロープウェイ乗り場の左手側からの一枚

登山ルート

昨年はロープウェイ乗り場の姿見駅から旭岳山頂までの登山でした

旭岳の登山には、まだその先があって

旭岳とまわりの山との周遊コースというのがあります

旭岳周遊コース地図参考:旭岳ロープウェイ〜周遊コース〜

北海道で1番高い山の周遊コースとかすごそうですね〜

一周約12㎞、約7時間とボリュームは満点です

はじめての登山での1周コース行ってきます!

姿見駅〜旭岳

はじめは姿見駅から地獄谷経由で旭岳山頂を目指します

いつもなら岩ばかりの地獄谷を登って右手側にはキレイな紅葉が視界いっぱいに広がるんだけど

今年は

まさかの雲の中(^^;;

旭岳9合目に霧でホワイトアウトしている写真

いや、ホントね…左手の地獄谷いがい完全にホワイトアウトしてるんですよ

なにを撮ったらいいかわからないレベル…

もう、撮ることができないので、いそいで登りきりました

旭岳山頂

山頂についても変わらずに雲の中。

髪の毛が空気中の水蒸気で濡れてしまうほどの濃い雲の中でした

ここで考えることは、このまま進むのか…それとも引き返して下山するか…

はじめての登山コースでこれだけホワイトアウトしているなか登山の続行はリスクしかありません

現に山頂にいる多くの人は休憩してから引き返しています

少し考えたすえ…決断は…

続行!!

理由は

  • 登山道がしっかりしているため迷いにくいという前情報をもっていたこと
  • 前回の登山から1ヶ月以上期間があいているため体力を戻しておきたかった
  • この先がどうなっているのか知りたかった

もうね、早死にするタイプの思考ですよね(^^;;

旭岳の周遊コースは登山道のロープ(ロープがないところは人が歩いた道から外れない)から出ないことと、道案内の看板があるので、さほど迷わないと登山仲間から聞いていたので信頼していました

結果として道案内の看板と地図のおかげでスムーズに次の目指すべき山に向かうことができました

地図は先ほどご紹介した旭岳ロープウェイのホームページの地図を参考にしました

参考:旭岳ロープウェイ〜周遊コース〜

2個目は論外として3個目はただの好奇心です

このさき真っ白な世界が続いても、それはそれでいいじゃん!くらいな気持ちです

“このさきに何があるのか知りたい“という気持ちが僕の足を一歩ふみださせました

旭岳頂上〜間宮岳

というわけで旭岳頂上から間宮岳をめざします。

旭岳の頂上から登山道を下っていくのですが

約15メートルほど先を行く3人組のパーティは

旭岳山頂から間宮岳へ向かう山道

もはや人影でしかないですね(^^;;

旭岳山頂から間宮岳へ向かう山道

少し進むと急な斜面と砂地の登山道にでます

ここはスキーをするように滑るようにくだっていきます

くだった先では風が強かったこともあってか雲の切れ間ができて目の前の景色が見えてきました

これはチャンスかも…(ニヤリ

旭岳山頂から間宮岳へ向かう山道

その後、すぐに雲に巻かれてしまったのですが

旭岳から間宮岳に向かう山道

平地にでるとスカッっと晴れて来ました

ぼくと同じように先に進んだ人も結構いた見たいですね(笑)

旭岳頂上〜間宮岳間でぜひ見ていただきたいオススメ紅葉スポット

ここからは紅葉の景色を楽しみながら平地を進んで行きます

間宮岳に向かって平地を歩いていると、とちゅう右手側に

遠くの山の紅葉まで見わたせるひらけた場所にでます

旭岳から間宮岳に向かう山道

これまでの道中ずっと白い世界しか見れなかったこともあってか

この景色を見たとき”勇気をふりしぼって来てよかった“と思いました

旭岳頂上〜間宮岳間をとおるときは、ぜひ注目して見てください

間宮岳〜中岳温泉

間宮岳山頂

天気が回復したこともあり間宮岳〜中岳温泉間の紅葉は絶景スポットのオンパレードでした

間宮岳お鉢

間宮岳の看板から少し歩くと右手側にお鉢の地形と紅葉が見れたり

間宮岳お鉢

間宮岳の平地から下り坂をくだると、もうひとつ別の広大なお鉢状の地形と紅葉目の前に広がり

間宮岳、山道

まるでおフトンのようにせまってくる雲海と紅葉が見れました

もうね…紹介したい風景がたくさんありすぎて困っちゃいます(笑)

この日はこの景色を見ながらお昼にしました

間宮岳山道

中岳温泉

お昼を食べてから少し進むと、なにやら人が集まっている川が見えてきました

中岳温泉

うわさの中岳温泉に到着しました

ここは天然温泉が湧き出ていて足湯につかることができるんです

すみません!じつは温泉に入ることに夢中になりブログ用の全体写真を撮るのを忘れちゃいました(笑)

温泉自体は少し白くにごった温泉です。川付近の源泉側は暑くて足をつけていられないのですが、穴が掘られている足湯場はとてもちょうどいい湯加減で気持ちいいです

中岳温から見る景色

この景色を見ながら温泉とか最高ですね!!登山で疲れた足も軽くなります!!(わりとマジで)

気がつくと20分くらい相席した方達と話ながらボーっと入ってました(^^;;

中岳温泉〜姿見駅

中岳温泉から山道

足も軽くなったところで再び出発です

温泉に長いしすぎたせいか空が曇ってきました

中岳温泉をあとにしてからはひらけた道が多く、左右に色づいた山々が登場してきます

裾合平の紅葉

絵になる場所が多いので正直どの場所の写真を掲載しようか困っています!!どうしよ〜(笑)

裾合平、木で舗装されている山道

この区間は細い道が多く色づいた植物を間近で見ることができます

旭岳、チングルマ

山の上から見ると赤く色づいている背の低い植物

いぜんから気になっていたチングルマという高山植物です

遠くから見てもひときわ目立ちますし近くでみてもキレイですね〜

裾合平の列になっている紅葉

旭岳登山で紅葉だけを楽しみたいなら中岳温泉と姿見駅の区間を往復するだけでも楽しめます

おまけ

さいごに姿見駅の中には売店があるのですが、ここで売っている”お山のコロッケ“がとてもおいしいです

旭川のブランド豚「笹豚」に東川町産のジャガイモとタマネギと地元の食材をふんだんに使った贅沢なコロッケ(250円)です

コロッケなのにほのかにとガーリックがきいているのが今でも印象的です

この鶴見駅でしか食べられないので紅葉を見に来られた際にはぜひ!!

スポンサーリンク

旭岳周遊コース山道

よく読んでいただいている記事3選

2 件のコメント

  • こんばんはとお久しぶりです!
    旭岳の登山が関東でも特集されてましたよー!
    なんでも地元の人なら気軽に登りに来れる山だそうでして。

    矢野さんの決断は吉と出たようで何よりでした!
    地肌むき出しの山の荒々しい面と自然の鮮やかな色相が素敵です!

    関東・神奈川の紅葉はまだまだ先なのですがステキな山の風景に刺激され、
    今年も「登山の理由」を見つけた気がします。あとは登山後の温泉も(笑)

    • ヤマヒロさん、こんにちは!おひさしぶりです(^_^)

      旭岳の特集が関東でもされているとは、なんだか嬉しいですね
      おっしゃるとおり、旭岳にはバス停もあるので地元の人も気軽に来ることができます

      登山に温泉最高ですよね!
      関東の紅葉の写真楽しみにしています(´∀`)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。