筋トレをはじめた当初、ぼくの最大の悩みは下っ腹が”ポコッ”って出ていることでした。

その下っ腹を改善しようと鉄棒なんかを使ってニーレイズというトレーニングをしていました。

参考:メトロンブログ

おかげで下っ腹の脂肪もだいぶ落ちてきて、ぼくと同じく下っ腹に悩んでいる方にはおすすめしたいトレーニングなのですが、このトレーニングは回数を重ねるにつれて手が痛くなるというのが問題でした。

なので腹筋が疲れるまえに先に手が痛くなってしまうんです。

この手が先に痛くなってしまうのをどうにかならないかと調べていて、パワーグリップを使うという解決案があったので、さっそく購入してみました。

パワーグリップ商品画像

購入したのはゴールドジムというメーカーのパワーグリップです。

パワーグリップとは??どんな効果があるの??

ジムなんかに行くとつけている人をよく見かけますね。

パワーグリップとはバーベルや懸垂などバーを使うトレーニングの時に握力をサポートしたり手のひらの皮を保護の目的でつかうトレーニングギアです。

握力をサポートしてくれることで、トレーニングしたい部位よりも先に握力がなくなって手や前腕が疲れてしまうのを防止することができます。

バーを引いたりする動作のときは握力をサポートする効果がはたらいて効かせたい身体の部位に力を集中することができ、バーを押す動作のトレーニングではグリップの本体の部分が滑り止めになります。

握力保持とはいっても握力を抜きすぎると手首に巻いた部分が食い込んでいくので、最低限の握力は必要です。

パワーグリップの使い方

パワーグリップの使い方は簡単です。

まずパワーグリップのベロの部分が手のひらにくるようにしてベルトを手首に巻きます。

パワーグリップ装着

パワーグリップは左右が決まっているので注意してください。

パワーグリップ左右が決まっている

懸垂やデットリフトなどバーをひく動作をするときはバーを包み込むようにベロを巻きます

パワーグリップのプル系の握り方

ベンチプレスなど、バーを押す動作のときはベロを手のひらに密着させて、ベロごとバーを握ります。

パワーグリップのプッシュ系の握り方

ゴールドジムのパワーグリップを購入するときの注意点!!

パワーグリップのいいところだけでなく、実際に使ってみて2つの注意点あったので書いておきます。

手首の太さが16㎝より細い人は注意!!

ぼくの手首の太さは写真のとおり16㎝です。

手首の太さ

筋トレをされていない一般の男性なら、だいたいこのくらいの周囲だと思います。

問題はゴールドジムのパワーグリップのサイズがSサイズ(手首の太さが約16㎝用)からしなないことです。

下の写真のように、ぼくの手首の太さでこれ以上しめることができません。
なので手首の太さが16㎝より細い人は実際に試着するかジムで使っている人に使わせてもらうなりして、手首がしっかりしまっているかどうか確認したほうがいいです。

パワーグリップのベルトを最大までしめた

ゴムの臭いがキツイ

Amazonのレビューを見ていても多くの人が書いていたので、覚悟していたのですがベロの部分はかなりゴムの臭いです。

手に臭いが移るくらい臭くて、もはや汗臭くならないんじゃないか!?と思うくらいゴムの臭いです。

ただ手に移った臭いはトレーニング後に手を洗えば消えます。

もしベロの部分がゴムでなければ、グリップは弱くなってしまうので購入する際は「パワーグリップはゴムの臭いもの」と割り切って購入されるといいと思います。

パワーグリップを使った感想〜筋トレ初心者もどんどん使ってみるといいよ!〜

パワーグリップにかぎらずジムでトレーニングギアを使っている人って、見るからに重いウエートを上げているような人が多いです。

じゃあ、まだ筋トレ始めたばかりで軽いウエートしかあつかっていない人がトレーニングギアを使ってはいけないのか??

というと、そうではありません!

上でも書いたとおりトレーニングギアには身体の部位に力を集中することができます。

ぼくの場合でいえば、ニーレイズが15回くらいで手が痛くなって終わっていたのが、パワーグリップを使っただけで20回で腹筋が痛くなって終わりました。

ラットプル(頭上にあるバーを引き下げる種目)だと今まで三頭筋に効いていたのが、パワーグリップのおかげで広背筋に効かせるという感覚がつかめたくらいです。

このように効かせたい部位に効かせてトレーニングを終わらすことができるので、トレーニングを始めて日が浅い初心者の方も目的が定まっていたらどんどん使っていったほうがいいです。

ぼく自身も最初は「重たいウエートをあつかっていない自分がパワーグリップを使うのもなぁ〜」とまわりの目を気にしていたのですが、とくに周りの人に見られたりだとか何か言われるなんてこともありません。

ベンチプレスを初めてやったときに重りをつけずにバーだけで行っていた人ならわかると思いますが、重りをつけていないからといって周りから白い目で見られることなんでなかったでしょう?

それと一緒です!!

なので、周りの人の目を気にしているくらいなら使ってみるのをオススメします!!

ゴールドジム(GOLD’S GYM) パワーグリッププロG3710