筋トレを週5ではじめて2ヶ月になりました。

みなさん、日々の筋トレの記録って管理していますか??

僕はいままで、トレーニングの記録とかはとっていなくて、”胸の日→足の日→肩の日→背中の日”
そして途中で筋肉痛が複数の部位に出てきたら、休息日といった感じで大雑把に管理していました。

なぜ筋トレの記録するのか??

これでも最初のころは知っている種目の種類もすくなかったので、管理するまでもありませんでした。

たとえば胸のトレーニングといっても、ベンチプレスやインクラインダンベルプレスくらいしか知っている(できる)種目がありませんでした。

ですが、日々YouTubeなんかで筋トレを勉強して自分が行える種目が増えるとトレーニングの管理が大変になってきました。

「前回はケーブルで胸をやっていたんだっけか??フライ系の種目やったっけな??重さは??セット数は??あの種目をやったの何週間まえだっけ??」といった具合にトレーニング中に考えてしまうようになりました(^^;;

それで「カンタンに日々のトレーニングの予定や記録をつけれるアプリはないかな??」と思って探して見たところ…

ありました!!

俺の筋トレ – シンプルな筋肉トレーニング記録管理 – mitsuhiro nara“というアプリでいかにもといった名前ですが、このアプリがとても管理しやすかったです。

俺の筋トレ - シンプルな筋肉トレーニング記録管理の使い方

なぜトレーニングノートではなくアプリなのか

みなさんトレーニング中は音楽を聴いたりメッセージの着信を確認するのにスマホを近くに置いてますよね??

ジムを見回してもわかるとおり、スマホを近くに置かずにもくもくとトレーニングをしている人は少数です。

それにアプリなら常に手元にあるスマホでこまめに記録をつけやすいので、習慣にもしやすいというわけです。

ぼくはトレーニングのインターバル中に記録しています。

俺の筋トレ – シンプルな筋肉トレーニング記録管理 − は前回のトレーニングを見かえしやすい

トレーニングを記録するうえで1番大切なのは、前回トレーニングをどのくらいやったかを“見かえしやすいか?”です

いくら記録をつけても見かえさないのであれば意味がありません。

またこのアプリのいいところは「自重/体幹」「フリーウェイト」「マシン」と自分の行っているトレーニングをカレンダー形式で記録することができます。

カレンダー形式で記録されているので先週はどの種目をやったのかという確認もしやすいですし、種目から前回のトレーニングの記録を見ることができます。

なのでウェイトトレーニング派だけでなく自重派の人も使えますし、カレンダー形式で種目・重さ・回数・セット数・その日のコンディションまで細かく記録するとこができるので、ぜひトレーニングの記録をつけはじめてはいかがでしょうか??

アプリの使い方

実際に触ってみていただけたらわかりやすいのですが、このアプリはけっこう直感的に操作しやすいです。

アプリをダウンロードしてたちあげたら、最初に性別と身長を入力します。

そしたらメイン画面がでてきて、最初はまっさらな状態です。

ここからトレーニングメニューを作成していくので、右上の「+」のボタンをタップします。

俺の筋トレ - シンプルな筋肉トレーニング記録管理の使い方
僕はある程度トレーニングメニューを作っているので、この表示ですが最初は何も表示されていないです。

するとメニューの種類を問われるので自分の行うメニューを選択します。

Tsukaikata2

次に行うトレーニングの種目名とターゲットにする部位・行う予定の曜日を選択します。
ここでは例として”ハーフデットリフト”としておきましょう。

完了したら右上のフロッピーディスクのアイコンをタップして保存します。キャンセルしてひとつ前の画面に戻りたいときは左上の×マークをタップします。

俺の筋トレ - シンプルな筋肉トレーニング記録管理の使い方

すると先ほどのメイン画面で作成した”ハーフデットリフト”ができました。

俺の筋トレ - シンプルな筋肉トレーニング記録管理の使い方

つぎに”ハーフデットリフト”のアイコンをタップすると選択肢がでてきますので”記録・管理”を選択します。
ちなみにひとつ前に出てきた曜日などを選択しなおしたいときは”編集”を選びます。

俺の筋トレ - シンプルな筋肉トレーニング記録管理の使い方

すると再び空白の画面が表示されるので、右上の「+」をタップします。


俺の筋トレ - シンプルな筋肉トレーニング記録管理の使い方

ここでトレーニングの扱う重量や回数を入力していきます。

ぼくはトレーニング中、常にこの画面を出しておいてセットが終わるたびに入力しています。

俺の筋トレ - シンプルな筋肉トレーニング記録管理の使い方

以上でメニューの作成はおわりです。

あとは自分の行うメニューをどんどん追加して記録していくだけです。

俺の筋トレ – シンプルな筋肉トレーニング記録管理のほかの機能

何日かトレーニングを重ねていくと種目の画面でこのように表示されます。

この画面で右上にある右肩上がりのマークをタップしてみると…

俺の筋トレ - シンプルな筋肉トレーニング記録管理の使い方

このように自分がやってきたトレーニングの推移をグラフにして確認することもできます。

俺の筋トレ - シンプルな筋肉トレーニング記録管理の使い方
すみません。まだ使い始めて2週間くらいなので種目ごとのデータが少ないです。

またメイン画面の下にある”カレンダー”をタップするとトレーニングを行った日が表示されます。

俺の筋トレ - シンプルな筋肉トレーニング記録管理の使い方

そして表示された日にちをタップすると
その日におこなった種目と重量・コンディションが表示されます。

俺の筋トレ - シンプルな筋肉トレーニング記録管理の使い方

さらに種目をタップすると回数とセット数も表示できます。

俺の筋トレ - シンプルな筋肉トレーニング記録管理の使い方

僕はこのカレンダー機能を見てから翌日のトレーニングのメニューを考えるのでとても重宝しております!!

おわりに

いかがでしょうか??

ぼくはこのアプリのおかげで、前回のトレーニングの結果を参考にしながら重量を上げることができるようになりました。

また前回やったトレーニングが何日前だったか??と周期も正確に把握することができます。

カレンダー機能にトレーニングを行った表示が増えていくと、それだけでモチベーションにもなるので、みなさんもトレーニングの記録をつけてみてはいかがでしょうか??

俺の筋トレ – シンプルな筋肉トレーニング記録管理 – mitsuhiro nara